いのどんぶり

←表紙メール最近の仕事→

井上 徹(いのうえ・とおる)、1965年4月13日東京生まれ。映画史・ユーラシア文化(とくにかつての社会主義圏)研究とともに、翻訳(ロシア語←→日本語、英語←→日本語、メディア翻訳)、雑文書き、雑誌編集などをしています。

☆映画の字幕(日本語←→ロシア語)の他、映画関係のものや、こちたき理屈の本などの翻訳や執筆、映画祭の企画といった仕事の詳しいことはこちらをご覧ください。

☆かつて@niftyの翻訳フォーラム(FHONYAKU)、アジア映画フォーラム(FMVASIA)、中国論壇(CF)、中国関係オンライン誌COM(China Online Magazines)編集部の運営にかかわっていたことがあります。

 2006年の仕事
 それ以前の仕事のいくつか

 [200520042003200220012000199919981997199619951994199319911989

2005年
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
  • 1998年8月から2000年7月まで、カザフスタン・アルマティ市で仕事。
1998年
1997年
  • ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督とともに沖縄行き。イベントの事務局の手伝いなど(10月)
  • 『ミハイル・バフチンの時空』(せりか書房)収録の論文を翻訳(英日、11月刊行)。
  • 「アジア・フィルム・フェスティバル '97」に関連して、ウズベキスタンのズリフィカル・ムサーコフ監督とのコレポン、『I WISH...』の初期台本の翻訳
  • ロシア経済や資源開発がらみの資料など、ロシア語、英語の翻訳、通訳
1996年
1995年
1994年
1993年
  • エイゼンシュテイン・シネクラブ(日本)機関誌『シネマティズム』第1号収録資料の翻訳、編集
  • 『エイゼンシュテイン全集』第9巻(共訳、キネマ旬報社)
  • 「エイゼンシュテイン記念シンポジウム」(主催:エイゼンシュテイン・シネクラブ(日本)、キネカ錦糸町)のコーディネイト、資料翻訳、『全線』完全版の同時通訳など
1991年
1989年

↑表紙|経歴|陳列棚倉庫メール